あやしい絵展2021|大阪歴史博物館(7月3日~8月15日)開催概要・チケット割引情報・おすすめグッズなどを紹介!

「あやしい絵展2021」が大阪歴史博物館で開幕!

東京で開催して大人気だった「あやしい絵展2021」。

残念ながら新型コロナウイルスの影響で途中で開催が終了してしまいましたが、この夏、大阪歴史博物館でも開催される予定です。

今回は、大阪歴史博物館で開催される「あやしい絵展」の開催概要やチケット料金、みどころやおすすめのお土産グッズなどをご紹介します!

東京国立現代美術館で開催していた「あやしい絵展」はどうだった?

東京国立現代美術館で開催していた「あやしい絵展」は、新型コロナウイルスの萬栄防止措置により一時中断。2021年5月12日(水)に再開予定でしたが、東京都からの要請を受け臨時休館が延長となり、残念ながら閉幕しました。

夏からの大阪会場でのあやしい絵展は、無事最後まで完走できますように!

大阪会場で観ようと思っている方!ぜひ、東京会場で行われていたあやしい絵展がどんなものだったのか、記事を最後まで読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

大阪歴史博物館で開催される「あやしい絵展」とは?

現在、東京国立現代美術館で開催していた「あやしい絵展」。

幕末~明治初期にかけての作品を展示する企画展で、ただ美しいだけではない、奥深い作品の数々を鑑賞することができます。

展示数は約160作品(東京会場)。

今回は、そんな「あやしい絵展」に関する情報をご紹介します。

東京の後は、いよいよ大阪で開催じゃ!

幕末~明治初期に制作された“あやしい”美術作品の数々を展示

明治期、西洋から様々な文化が入って来ました。

西洋美術もその1つであり、本格的な西洋美術の技法の導入と、西洋の美術思潮の発生、またそれに伴う制作が行われました。

新たな時代へと移り行く際に生み出された“美しい”という言葉では表現できない、妖艶、グロテスク、退廃的・・・といった様々な作品。

これらは美術界の中では沢山の批判を受けましたが、一方で大衆を惹きつけ広く受け入れられてきた歴史もあります。

「あやしい絵展」は、そんな時代に生み出された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図などを展示しています。

小学校中学年以上で、美術に興味がある子なら、とっても引き込まれる企画展だと思いますよ♪

スポンサーリンク

あやしい絵展の開催場所

【終了】東京会場【終了】東京国立近代美術館公式ホームページ
大阪会場大阪歴史博物館公式ホームページ

あやしい絵展の開催期間と時間

「あやしい絵展」の開催期間は以下の通りです。

【終了】東京会場2021年3月23日~5月16日
大阪会場2021年7月3日~8月15日

※コロナ禍で開催期間や時間の変更または中止になることがあります。必ずお出かけの前にチェックしてから足を運んでくださいね。

スポンサーリンク

あやしい絵展のチケット料金

一般1500円(税込)・前売券1300円(税込)
大学生1100円(税込)・前売券900円(税込)
高校生1100円(税込)・前売券900円(税込)
中学生以下
障碍者手帳をお持ちの方とその付き添い者(1名)
無料

※入館の際には学生証などの年齢が分かるものの提示が必要です。

あやしい絵展の割引情報

大阪歴史博物館で開催される「あやしい絵展」は、以下の条件で割引が適用されます。

  • 博物館窓口で「ポーラ美術館コレクション展(2021年7月9日~9月5日)」の観覧券を提示すると、特別展の観覧料金が団体料金で見ることができます。
  • 「あやしい絵展」の観覧券を提示すると、「ポーラ美術館コレクション展」の当日券が100円割引になります。

あやしい絵展の前売り券

「あやしい絵展」の前売り券は、公式ホームページより手に入れられます。

公式オンラインチケット/当日券・前売り券

あやしい絵展の混雑状況

開催期間が夏休み中なので、東京よりも平日の混雑が予想されます。

混雑を避けて周るなら、平日の午前中がおすすめです。

平日の午後や土日祝日は大変込み合うこともあるので、事前にチケットを入手してスムーズに入場しましょう。

混雑状況は公式ホームページの最新情報公式ツイッターで見ることができます。

スポンサーリンク

あやしい絵展のみどころ

人気声優・平川大輔氏の音声ガイドナビゲーター

「作品鑑賞をしよう!」と入館しても、素人はどうやって作品を眺めれば良いのか分からいですよね。そんな時には、音声ガイドナビゲーターを利用しましょう。

「あやしい絵展」では、鬼滅の刃の下弦の壱 魘夢(えんむ)役、ジョジョの奇妙な冒険の花京院典明役で声優・平川大輔氏が音声ガイドナビゲーターを務めているので、絵に秘められたあやしい物語に深く入りこむことができますよ。

■貸出料金・・・600円

■収録時間・・・約40分(展示替えに伴い、ガイドの内容も一部変わります。)

音声ガイドは前売りガイド付きチケットがなくても利用可能。ガイド貸し出しカウンターで受け取れますよ。

スポンサーリンク

あやしい絵展で見られる、目に焼き付くおすすめ名画

沢山の作品があり好みも人それぞれですが、「あやしい絵」として人気の作品をご紹介します。

何を見たら良いかわからない・・・という人は、是非参考にしてみてくださいね。

■上村松園の『焰』や『花がたみ』

■甲斐庄楠音『幻覚(踊る女)』

■鏑木清方『妖魚』

■甲斐庄楠音『横櫛』

■橘小夢『安珍と清姫』

■秦テルヲ『血の池』

あやしい絵展のおすすめグッズをゲットしよう!

あやしい絵展×アーティストのコラボグッズ

あやしい絵展では、魅力的なグッズの販売も行われています。

その中でも大注目なのが、2人のアーティストとコラボしたグッズの数々です。

メディアへの出演もある人気イラストレーター原田ちあき氏。

会場限定のコラボ作品

■モバイルケース(Mサイズ)3,300円

■トートバッグ 1,210円

■缶バッヂ 4種各440円

■モバイルチャージャー3,080円

若者を惹きつけるファッションブランド“あちゃちゅむ”のデザイナー、しんやまさこ氏。

「あやしい絵展」の出品作品『人魚の嘆き』の挿絵を使用した、ワンピースやトートバッグなどの受注販売を予定しています。詳しくはこちら

さらにこの2人がコラボしたグッズも販売されています。

「あやしい絵展」×京飴のクロッシェ

オリジナルステッカーが入った「あやしい絵展」×京飴のクロッシェのコラボ。

おいしいのにどこか“あやしい”・・・。個性的で食べるのが勿体なく感じてしまいますね。

あやしい絵展の公式図解

公式図解は是非ゲットして欲しいアイテム。

表紙は水島爾保布(みずしまにおう)の『人魚の嘆き』が配され、180度しっかりと開ける“コデックス装になっています。

作品解説や作家解説も載っているので、よりしっかりと作品の世界観を堪能することができますよ。

作品の元になった物語や、あやしい絵を巡るブックガイドまで入っているのでお得じゃぞ!

「あやしい絵展」で美術の奥深さに触れよう!

激動の時代に生み出された「あやしい絵」の数々。

そのの奥に隠された物語や複雑に絡み合う欲望は、今を生きる私達の心にも響くものがあります。

「あやしい絵」は、はこんな時代だからこそ、今をどういきるのかを考えさせられる深い作品ばかりです。

素人でも充分に魅力を感じられる作品ばかりなので、是非足を運んでみてくださいね。

感想もお待ちしております♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました