【スペインってどんな国?】基本情報・物価・人柄・気質などを紹介♪

スペインってどんな国?

みなさんは「スペイン」に、どんなイメージがありますか?

フラメンコに闘牛とうぎゅういしんぼうな人は「パエリア」などの美味おいしそうな料理りょうりでしょうか。

ヨーロッパにぞくしているスペインは、あかるく陽気ようき人々ひとびと世界第三位せかいだいさんいおおさをほこ世界遺産せかいいさんうつくしい自然しぜん美味おいしい料理りょうりなど、魅力が満載の国です。

一年中晴れの日が多く、ジメジメとした感じがないので、とっても過ごしやすい国でもあるんですよ。

今回はそんなスペインの魅力にぐぐっと迫っていきたいと思います!

スペインがある場所はどこ?

スペインはヨーロッパの南西端にある国です。イベリア半島の約80%を占めていて、一つの国ではありますが、“自治州じちしゅう”と呼ばれる大きな権限けんげんをもっている自治体が17あります。

西にはポルトガル、北にはフランス、アンドラ、海をはさんだ南側にはモロッコがあり、地域によって言葉や人々の気質が違うのも、スペインならではの特徴です。

本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島なども持っています。

 

スペインの基本情報

人口じんこう:4694万人

首都しゅと:マドリード

面積めんせき:506,000 km²(日本の約1.3倍の大きさです。)

宗教しゅうきょう:キリスト教(ローマ・カトリック教会)が約70%を占めています。約25%は無宗教、約2.7%が他の宗教だと言われています。憲法で信仰の自由が保障されています。

政治体制:議会君主制国家

スペインの気候

スペインでは地方によって大きく気候が違います。

北部

雨が多く、夏は涼しく冬は暖かい海洋性気候かいようせいきこう

中央(マドリード)

昼と夜で温度の差が激しく、夏は暑くて冬は寒い大陸性気候たいりくせいきこう

東部や南部の地中海沿岸地域

年間を通して温暖で乾燥した地中海性気候ちちゅうかいせいきこう

 

旅行におすすめのシーズンは4月~10月頃です。真夏になると日本と同じで40度を超えることがありますが、湿気が無いので日陰に入ると涼しく感じられます。

スペインの言語

スペインの主な公用語こうようごはスペイン語です。

スペイン語の他にも、自治州によってバスク語、カタルーニャ語、ガリシア語、バレンシア語、アラン語なども公用語として認められています。

実はスペイン語は世界的にも注目を集めている言語でもあるんですよ。

世界的に見るとスペイン語は5億人もの人が使っていて、インターネット上の言語でも世界で2番目に多く使われていると言われています。

アメリカではブッシュ大統領、クリントン大統領、オバマ大統領などもスペイン語を話すことができたんです。2050年までに英語を抜いてスペイン語を話す人が多くなるのではという予想もあるほどです。

スペインの通貨

通貨の単位はユーロ€「エウロ Euro」、補助通貨単位はセント¢「センティモ Céntimo」。

「」内はスペイン語の読み方。

日本と比べて物価はどう?

スペインは物価が安いと聞いたことがあるかもしれませんが、それは昔のこと。

2001年にユーロが導入されてからは、他のヨーロッパの国々と大きく物価が変わることはありません。

スーパーで買うような食品は日本よりも少し安い傾向があります。

ファストファッションが人気の国なので、洋服は日本よりも安め。

レストランや夜食事を楽しむような場所では、日本よりも高い傾向があります。

スペインの人の人柄・気質ってどんな感じ?

スペインの人は明るく陽気で人と話すのが大好き!仕事は人生の一部と割り切っていて、家族や友人などの大切な人と過ごす時間が何よりも大切だと考えています。そのため、一人で過ごすのは苦手です。

困っている人をほおっておけず、すこしおせっかいなところがあります。

物を買うよりも自分の経験や体験になることにお金を使います。スペインは世界に先駆けて大航海時代だいこうかいじだいに多くの領土りょうど獲得かくとくしたのも、こういう気質きしつがあるのかもしれませんね。

スペインの「シエスタ」

スペインには「シエスタ」という風習があります。これは、ランチタイム+昼寝の時間のことをいい、大体13:00~16:00頃までの時間です。

会社でも学校でも2時間ほどがシエスタになるので、外食や一度家に帰って食事を食べる人もいるんですよ。

この時間に昼寝をしたり、ランチをゆっくりと楽しんだりと、自由気ままに過ごします。

スペインの自分の時間を大切にする文化や、人と人との繋がりを大切にする文化を感じることができる習慣ですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました