「若水(わかみず)」「若水迎(わかみずむかえ)」ってどんな風習?地域によって違うやり方や家でできる方法をご紹介!

元旦がんたんにする「若水(わかみず)」ってどんな風習ふうしゅう?

みなさんは「若水(わかみず)」という言葉ことばいたことがありますか?

今ではあまりかなくなってしまいましたが、お正月しょうがつ(または立春りっしゅん)におこなわれてきた、伝統的でんとうてき風習ふうしゅうです。

「初穂水(はつほみず)」「朝水(あさみず)」「福水(ふくみず)」「宝水(たからみず)」「黄金水(こがねみず)」とも呼ばれています。

今回はこの「若水(わかみず)」の風習について、くわしくご紹介しょうかいしていきます。

「若水(わかみず)」ってどんな効果があるの?

「若水(わかみず)」とは、あたらしい年になって一番最初さいしょむ水のことで、これをむと1年間邪気じゃきを払ってくれる効果こうかがあり、「変若水(おちみず)」という若返わかがえりの効果こうかもあるとしんじられてきました。

若水わかみず年神様としがみさまにお供えをした後、口をすすいだり、お雑煮ぞうになどの料理りょうりに使ったり、お茶をれたりすることで、健康けんこう幸福こううん祈願きがんしていました。

宮中きゅうちゅうでは立春りっしゅん行事ぎょうじだった

若水わかみず」はもともと、立春りっしゅんの朝にむ水のことを言いました。

立春りっしゅんがお正月しょうがつだった時代じだいには、天皇てんのうに主水司(もいとりのつかさ) があらかじめ前の冬の土用どよう封印ふういんしていた井戸いどけ、んだ若水わかみずまつりました。

「若水迎わかみずむかえ」ってどんな風習ふうしゅう?

むかし井戸水いどみずき水などを元日がんじつの朝一番にみに行き、それを「若水迎わかみずむかえ」と言いました。

若水迎わかみずむかえは「年男としおとこ家長かちょう)」の仕事しごとでしたが、関西かんさいでは女性じょせいの仕事としている地域ちいきもあります。

※その年の干支えとと同じ干支えと生まれの男性を「年男としおとこ」と言いますが、正月の準備じゅんびをする「年男としおとこ」とはちがいます。

若水迎わかみずむかえでは、新しいひしゃくと手桶ておけを持ち、できるだけとおくの井戸水いどみずき水をみに行き、その間はだれとも話してはいけないというまりがありました。

話しちゃダメって、恵方巻えほうまきを食べる時みたいだね。

水汲みずくいたら、いわいの言葉ことばとなえながらみずみましょう。

ふくくむ、とくくむ、さいわいくむ」
「こがねの水くみます」

現代げんだいの「若水わかみず」はどうやったらいい?

若水わかみず」は、井戸いどき水をみに行く習慣しゅうかんともにすたれてしまいました。

しかし、せっかく1年に1のことなのだから、みんなで挑戦ちょうせんしてみたいですよね。

朝一番あさいちばん水道すいどうから出した水を利用りようしてもいのですが、せっかくならば日本にほん美味おいしい水をあじわってみるのはいかがでしょうか。

\おすすめの日本にほん名水めいすい

あまったお水は災害用さいがいようにとっておいてもいいですね。

もっと知りたい!地域ちいきによって違ちがいがある「若水」

若水わかみず」の風習ふうしゅう地域ちいきによって色々いろいろなやり方があります。ここからは、そのちがいを見ていきましょう。

秋田県あきたけん

丸餅まるもち半分はんぶんにし、半分はんぶん井戸いど、もう半分はんぶんを若水に入れてかえる。

君津地方きみづちほう千葉県南部ちばけんなんぶ

若水汲わかみずくみは男性だんせい役割やくわりで、女性じょせいには一切手いっさいてれさせない。元旦がんたんから3日、または初卯はつうの日までは、炊事すいじ料理りょうり食事しょくじ準備じゅんび)はすべ男性だんせいおこなう。

愛知県北設楽郡あいちけんきたしたらぐん

若水わかみず一緒いっしょ井戸いど小石こいしを2かえり、水がめや茶釜ちゃがまそこに1年間入れておく。

九州南部きゅうしゅうなんぶ

歯固はがためのもちを若水が入ったおけに落とし、おもてうらかで運勢うんせいうらなう。

沖縄県おきなわけん

仏壇ぶつだん神棚かみだな、かまどに若水をささげ,家族かぞくはその水で「お水撫みずなで」をする。

「お水撫みずなで」とは、若水を中指なかゆびひたいに3回つける作法さほうのことを言います。

1年の幸しあわせを祈いのって「若水わかみず」をしてみよう!

今回ご紹介しょうかいした「若水」という風習ふうしゅうは、起源きげんさだかではありませんが、家族かぞく健康けんこうねがっておこなわれてきた風習ふうしゅうでした。

こんな時代じだいだからこそ、1年のはじまりに家族全員かぞくぜんいんしあわせと健康けんこうねがって、挑戦ちょうせんしてみるのはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました