【子供と一緒に目撃者になろう!】サカナクション山口一郎氏が自宅から配信する「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」の見どころや魅力、学びのポイントをご紹介!

「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」の開催決定!

5月22日(土)、5月23日(日)にサカナクション山口一郎氏とチームサカナクションによるオンラインライブ(ストリーミング公演)「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」が行われます。

サカナクションの山口一郎氏の自宅のリビングから生映像・生配信で届けられる、挑戦的なオンラインライブで、国内のファンのみならず世界中のリスナーから注目されています。

今回は、この「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」とは一体どういうものなのか、なぜ親子で見るのがおすすめなのか、どこでチケット(視聴券)を購入できるのかなどを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」の概要

「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」は、山口一郎氏がコロナ禍で行っていたインスタグラムライブに端を発する企画で、コロナ禍で延期となってしまった有観客ライブ「NF OFFLINE」を配信の為に解釈しなおした、全く新しいタイプのオンラインライブです。

延期になった「NF OFFLINE」とは

コロナ禍で有観客でのライブが中止、延期になる中、新しいライブエンターテイメントの在り方が模索されています。

サカナクションは、そんな厳しい状況の中でも、常に挑戦をし続け、オンラインライブ「SAKANAQUARIUM 光 ONLINE」を成功に導きました。

「SAKANAQUARIUM 光 ONLINE」に関しては、後ほど詳しく説明します♪

そして、2021年5月~しっかりとコロナ対策をして有観客で開催される予定だったのが「NF OFFLINE」です。

山口一郎氏が自宅で行っていたコロナ禍でのインスタグラム配信をはじめとした表現を、そっくりそのまま部屋ごと再現し、全国のzeppのステージで披露するというもの。(※ファンクラブ会員限定イベント)

「#夜を乗りこなす」というハッシュタグと共に、辛い時期を乗り越えたファンにとっては待望のライブで、新しいスタイルで行われるライブに期待が集まっていました。

しかし、新型コロナウイルスの感染者の増加により、延期が決定。

そんな中でも新しい挑戦として企画されたのが「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」です

「ネガティブな気持ちで延期するのではなく、オンラインでどういう表現ができるのかを考える方がポジティブになれる」

引用:NF OFFLINE FROM LIVING ROOM

スポンサーリンク

「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」は、公演用に計算された演出、カメラワークで行われ、視聴券を購入することで、Streaming+でのみ見ることができます。

公演中に演出の一部として、山口一郎氏がインスタグラムでの配信を行いますが、これはインスタグラムから無料で見ることができます。

(5月22日(土)、5月23日(日)の開催ですが、22日はファンクラブ限定開催の為、ファンクラブ会員ではない一般の方が見られるのはインスタグラムでの配信だけになります。)

迷っている人は22日のインスタグラムでの配信を無料で見て、気になったら23日の視聴券を買うかどうか決めれば良いと思いますよ。

公演日程

5月22日(土)NF member限定公演
5月23日(日)一般公演

開場 / 開演 / 終演
19:00 開場 / 19:30 開演 / 21:00 終演予定
アーカイブ期間
5月24日(月)18:00 ~ 5月30日(日)23:59

国内視聴券

5月18日(火)20:00 ~ 5月30日(日)21:00

配信メディア

Streaming+

チケット代金

  • 1日券¥3,000- (税込)

  • 海外視聴券 Ticket (outside Japan) ¥3,000- (税抜)+諸税

  • 2日通し券¥5,000- (税込)

各種クレジットカード/各種コンビニ/ネットバンキング(ペイジー)
チケット代のほかシステムチャージ料220円(税込)が必要となります。

詳しくはホームページでご覧ください→ NF OFFLINE FROM LIVING ROOM

19:30~21:00までなので、子供達が見れるのも嬉しいポイントですね♪

スポンサーリンク

親子で注目して学びたい!4つの魅力と見どころ

「こっどいしょ」は、こどもといっしょにできることをコンセプトにしたサイトです。

このサイトが何故ミュージシャン(アーティスト)のオンラインライブをご紹介するかというと、その試みが“未来を作る子供達にとって、きっと刺激になると感じたから”、また、以前からエンターテイメント業界の様々な問題に真正面から挑む山口一郎氏の発言が“親世代だけでなく、子供たちの将来の働き方や消費行動についてを考える勉強になると感じたから”です。

ここからは、そんな「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」で親子で注目したいポイントをご紹介します。

1.サカナクションの音楽に対する挑戦がすごい!

今回オンラインで開催される「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」は、サカナクションのメンバーは山口一郎氏のみの出演になります。しかし、メンバーもこの「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」を作りあげるのに加わっており、サカナクションとしての表現方法をしっかりと感じられる内容となっています。

1つの曲の中に、ボーカル、楽器、特殊効果など、様々な要素が含まれています。みんなで作りあげる音楽の素晴らしさを、親子で体感してみてください。

サカナクションってどんなバンド?

日本を代表するロックバンド「サカナクション」。

山口 一郎(やまぐち いちろう)ボーカル

岩寺 基晴(いわでら もとはる)ギター

草刈 愛美(くさかり あみ)ベース

岡崎 英美(おかざき えみ)キーボード

江島 啓一(えじま けいいち)ドラムス

の男女5人のバンドです。

サカナクションというバンドの名前しか知らない人でも、実はCMなどで知らず知らずのうちに耳にしている機会があるのではないでしょうか。

最近ではソフトバンクのCMや、トヨタのやリスクロスのCMなどでよく流れていましたね。

コロナ禍でも挑戦し続けるサカナクション

新型コロナウイルスの影響で2020年5月に行われる予定だったサカナクションのライブ「SAKANAQUARIUM 2020 “834.194 光” SPEAKER+」が全公演中止となりました。

しかし、サカナクションとサカナクションの音楽を裏方から支えるチームサカナクションは、すぐに新しい挑戦を試み、2020年8月に初のオンラインライブである「SAKANAQUARIUM 光 ONLINE」を開催。

結果、6万人もの視聴者を集めて大成功しました。

このオンラインライブは大人だけでなく、ライブにまだ行くことができない子供達にも「ライブってすごい!」「バンドってカッコイイ!」「バンドで演奏している人だけじゃなく、裏では色々な人が動いているんだ!」という新たな発見とエンターテイメントに触れる貴重な機会となりました。

ツイッターでも、子供達が踊っている様子などが上がっていましたね。

(このオンラインライブの様子はどんなものだったのか、こちらから少しご覧いただけます。※サカナクション公式チャンネルNFRecords sakanaction)

インスタライブで繋ぐリスナーとの絆

コロナが日本でも騒がれ始めた2020年春。ライブが延期や中止を余儀なくされる中で、サカナクションのボーカル・山口一郎氏はいち早く“Instagramlive(インスタグラムライブ)”を取り入れ、ファンや一般のリスナーとの対話を図ってきました。

ある時はリスナーの職業を聞き、またある時はリスナーの不思議体験(未知との遭遇)を聞き、自身の生活やエンタメ業界の内情、お金に関することまで、赤裸々に語る姿は多くの共感を呼び、新たなファンも獲得しました。

“不要不急”とされたエンターテイメントには、多くの人が関わっていることも伝え続けていましたね。

山口一郎氏の「コロナ禍だからできないではなく、コロナ禍だからこそできる、ワクワクする方法を発明しよう!」という趣旨の発言は、親世代のリスナーにも深く響いたのではないでしょうか。

大人も子供も困難な今、ネガティブをポジティブに変えて楽しく生きなきゃ!って身につまされました。

スポンサーリンク

2.裏から支える“チームサカナクション”がすごい!

ライブにはサカナクションのメンバー以外にも、沢山のプロが制作に関わっています。

その制作に関わっている人たちのことを「チームサカナクション」と呼び、あらゆるシーンで紹介されています。

「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」もそんなチームサカナクションの技が見られるすごいオンラインライブになる予定で、映像作家の田中裕介氏の総合演出のもと、カメラマンの奥口睦氏、Rhizomatiks 真鍋大度氏、計良風太氏らが加わって行われます。

CMやMVで活躍する映像作家!田中裕介氏

田中裕介氏はサカナクションやperfumeをはじめとしたアーティストのミュージックビデオや、ユニクロやゼクシィ、ドコモなどのCMを手掛ける、日本を代表する映像作家です。上で紹介した「SAKANAQUARIUM 光 ONLINE」の総合演出も務めました。

田中裕介氏のホームページはこちら

カメラマン 奥口睦氏

カメラマンとして参加する奥口睦氏は、数多くのアーティストのミュージックビデオや企業のCMを手掛けています。

奥口睦氏のホームページはこちら

ホームページを見てみたら、沢山のアーティストや企業の作品を手掛けていることがわかりますよ。

Rhizomatiks 真鍋大度氏、計良風太氏

Rhizomatiksは、“表現する研究機関”として、R&Dプロジェクトや作品制作、外部のアーティストや研究者とのコラボレーションプロジェクトを行っている会社です。

何をしているのか、一言でお伝えするのは難しいので、是非youtubeの公式チャンネルを見てみてください。

Rhizomatiksのホームページはこちら

3.オンラインライブだからこその表現力がすごい!

サウンドは山口一郎氏の自宅の響きをリアルに表現するため、サンプリングリバーブを駆使し、部分的に3Dサウンドも行われます。

イヤホンで聞くとより一層リアルに聞こえると思いますが、テレビで観ても充分にこだわりの音響を体験できるはずです。

アーカイブが残るので、テレビで聞いている時と、イヤホンで聞いている時の音の違いを感じてみてくださいね。

スポンサーリンク

4.こだわりのインテリアやファッションがすごい!

サカナクションはファッション、インテリア、伝統文化、食文化など、音楽以外のカルチャーを発信していることでも有名。

特に山口一郎氏はアンリアレイジ、カラー、コムでギャルソンなどのファッション、ピエール・ジャンヌレやイサム・ノグチの家具などを愛用しており、今回の「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」でもそれらのこだわりのアイテムを垣間見ることができるでしょう。

ファンクラブ会員に配布される雑誌には、それらのアイテムの紹介も載っています。音楽と合わせて素晴らしい文化を知ることは、自主学習にもぴったりですよ!

スポンサーリンク

挑戦の目撃者となり親子で思い出をつくろう!

今回開催される「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」は、自宅にいながら最新のエンターテイメントに触れられる貴重な機会。親子で見て楽しみ、考え、コロナ禍を乗り越えるヒントを吸収してみてはいかがでしょうか?

未来に視野を広げて考える機会にしよう

過去に山口一郎氏はチケットの転売に関して、ファンの人が転売ヤーから高額なチケットを購入していること、またそれがどのようにエンタメ業界に影響しているのか、以下のような発言をしています。

正規のルートでしっかりとお金を払ってエンターテイメントを楽しむこと。

公式チャンネルで動画を見ること。

安易な気持ちで批判できる世界で、その先で傷つく人がいることを想像すること。

消費するだけでなく、学校では学ぶことができない社会のルールや仕組みの大切さを知ることで、日本のエンターテイメントだけでなく、様々な文化を支える力になれます。

コロナ禍では世界がマイナスなことで溢れかえっています。しかし、「NF OFFLINE FROM LIVING ROOM」はきっとそんな世界に優しい光を注いでくれるような新しい挑戦になることでしょう。

ぜひ、インスタライブを見てみたり、チケットを購入して、新しい挑戦の目撃者になってみてくださいね。

感想などもお寄せ頂けると嬉しいです♪

HIBINO LIVE STYLE LAB(ヒビノライブスタイルラボ)
ほかが、やらない。 ほかに、できない。 最高のライブ体験を、つくろう。ヒビノエンタテインメント株式会社によるオンラインショップ。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました