【完全ガイド】日光修学旅行のお土産選びはこれで完璧!おすすめ14選

修学旅行は、学生にとって一生の思い出となる大切なイベントですよね。そんな修学旅行に選ばれることが多いのが、栃木県の日光市です。

日光には、数多くの魅力的なお土産がありますが、数が多すぎてどんなものを買ったら良いか迷ってしまうことも。

そこで、今回は日光に修学旅行で行く際に買いたい、おすすめのお土産をご紹介します。

この記事のお土産は修学旅行生向けに以下のポイントに基いて紹介しています。

□ 1000円程度のお土産であること

□ 持ち運びしやすいお土産であること

□ 日光らしいお土産であること

□ 常温で日持ちするお土産であること

□ 美味しいこと

日光修学旅行のお土産で迷ったらコレ!おすすめ食べ物編

1.日光ラスク(元祖日昇堂)

元祖日昇堂の日光ラスクは、サクサクとした食感と、一口サイズで食べやすいのが特徴のお菓子です。定番のシュガー味をはじめ、チョコレート、メープル、抹茶、黒糖、苺チョコなど、豊富な種類のフレーバーがあり、詰め合わせも販売されています。

日光ラスクの魅力は、可愛らしいパッケージにもあります。日光東照宮や日光の自然をモチーフにしたデザインは、日光の思い出を形に残すお土産として最適です。

2.日光カステラ(日光カステラ本舗)

日光カステラ本舗の日光カステラは、上品な香りと甘さのアカシアはちみつをふんだんに使ったお菓子です。表面に金箔を散りばめた日光カステラは、見た目も華やかでお土産にぴったりの贅沢な雰囲気です。しっとりとした食感と、口いっぱいに広がる甘さ控えめの優しい味わいも人気のポイントです。

高級感ある包装紙に包まれているので、大切な人へのお土産にぴったりの一品です。

3.バウムクーヘン(はちや)

はちやのバウムクーヘンは、日光御養卵とカルピスバターという、厳選素材の贅沢な組み合わせが織りなす贅沢なスイーツです。しっとりとした食感と、キメ細かく引き締まった生地は、まさに至福の味わい。栃木県産の苺や日光しょうゆを使用したオリジナルのバウムクーヘンもあるので、まさに栃木県の魅力をギュッと詰め込んだお土産です。高級感のあるパッケージは、大切な方への贈り物にも最適です。

4.日光葵 三猿最中(元祖日昇堂)

日光名物の人形焼きは日持ちがせず、お土産には難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時にオススメなのが、日光東照宮の「三猿」をモチーフにした新しい最中「三猿最中」です。

最中生地には、香ばしいくるみと濃厚なキャラメルを合わせ、和と洋が絶妙に調和した風味に仕上げました。

2018年度 栃木県優良デザイン商品にも選定された、見た目も可愛らしい最中です。

日光の思い出を、三猿最中の新しい味わいで大切な方と共有してみてはいかがでしょうか。

5.日光甚五郎煎餅(石田屋)

日光甚五郎煎餅は、明治40年創業の老舗煎餅屋が作る、日光を代表するお土産です。

バターの豊かな風味と優しい塩味が絶妙なバランスで、サクサクとした軽い食感でついつい食べ過ぎてしまうほど美味しさです。

個包装になっているので、職場や友人へのばらまき用のお土産としても最適です。

6.日光おかき花めぐり(日光おかき工房)

日光おかき工房のおかきは、国内産のもち米100%と日光の清流で丁寧に作られています。

中でも人気商品の「花めぐり」は、桜、梅、桔梗など、日光ゆかりの花をイメージした可憐なおかき詰め合わせ。

サクッとした食感と優しい味わいは、老若男女問わず愛される美味しさです。

可愛らしい化粧箱に入っているので、自分用にも大切な人用にもおすすめのお土産です。

7.きぬの清流(虎姫製菓株式会社)

日光国立公園銘菓『きぬの清流』は、バターなどの油脂を一切使用せず、卵と小麦粉、砂糖だけで丁寧に焼き上げた和風クッキーです。厳選された小豆の爽やかな香りが漂い、しっとりとした食感とホロッとほどける口当たりは、まさに至福のひとときを味わえます。お茶や珈琲との相性も抜群で、年配の方へのお土産としても人気です。

8.ちいさな日光羊羹(日光カステラ本舗)

日光羊羹は、日光連山の銘水で丁寧に練りあげた、北海道産小豆の優しい甘さと、滑らかな舌触りが特徴の一品です定番の羊羹も良いのですが、修学旅行のお土産におすすめなのが、一口サイズの「ちいさな日光羊羹」です。日光ならではのイラストが描かれたパッケージに、1口サイズの羊羹が5種類入っているので、修学旅行の思い出にも花が咲きそうです。

9.きぬにしき(日昇堂)

全国菓子大博覧会で大賞を受賞した、日光東照宮献上菓子にも認定された「きぬにしき」は、日光土産にぴったりな和菓子です。

国産小麦粉を使用したふっくらとした生地と、厳選された小豆の餡が絶妙なハーモニーを奏でる味わいは、老舗和菓子店ならではの逸品。日光の名物として幅広い世代に喜ばれる、贅沢なお土産です。

10.関東・栃木レモン牛乳カレー

レモン牛乳カレーは、栃木県産の生乳に砂糖やレモン香料などを加えたレモン色の乳飲料「レモン牛乳」を使用した、意外な組み合わせのカレーです。見た目は甘口カレーのようですが、実は本格的なスパイスを使用した辛口!

レモン牛乳のまろやかさと酸味が、スパイシーな辛さを中和し、絶妙なバランスを生み出しています。一口食べると、レモンの爽やかな香りが鼻孔をくすぐり、後からスパイスの辛味がじんわりと広がります。家族はもちろん、自分用にも欲しくなるお土産です。

日光修学旅行のお土産で迷ったらコレ!おすすめ雑貨編

11.日光猿軍団グッズ

日光の有名な観光名所といえば「おさるランド(日光猿軍団)」。修学旅行の訪問先としても有名で、日光の主要なお土産物屋さんには、必ずと言っていいほど猿軍団グッズが置かれています。

猿のぬいぐるみ、キーホルダー、Tシャツ、帽子など、日光旅行の思い出にぴったりです。ぜひ、お気に入りのグッズを見つけてください。

12.日光江戸村グッズ

日光江戸村は、江戸時代の町並みを再現したテーマパーク。修学旅行の立ち寄り先としても有名で、忍者ショーや花魁道中など、江戸時代の文化を体験できるイベントが多数開催されています。

日光江戸村のキャラクター「ニャンまげ」は、猫と侍を組み合わせた愛らしいキャラクターです。

ニャンまげのぬいぐるみやキーホルダー、Tシャツなど、様々なグッズが販売されています。

ニャンまげグッズは、日光江戸村の思い出を家に持ち帰れるお土産です。

修学旅行の写真と一緒に飾れば、あの日の思い出が蘇ること間違いなしです。

13.日光東照宮グッズ

日光東照宮は、江戸幕府初代将軍・徳川家康を祀る豪華絢爛な神社です。陽明門をはじめ、眠り猫や三猿など、見どころ満載です。そんな日光東照宮を訪れた際には、ぜひお土産も購入しましょう。

  • 三猿グッズ

日光東照宮の代表的な彫刻である「三猿」をモチーフにしたグッズは、定番のお土産です。

キーホルダーやストラップ、Tシャツなど、様々な種類の三猿グッズがあります。

  • 眠り猫グッズ

日光東照宮の眠り猫は、可愛らしい姿で人気があります。

眠り猫のぬいぐるみや置物、キーホルダーなど、様々な種類の眠り猫グッズがあります。

14.レモン牛乳グッズ

栃木県民なら誰もが知っている、レモン牛乳。そのレモン牛乳が、レトロな見た目が可愛らしいと話題になり、近年様々なグッズが続々登場しています。キーホルダー、マグカップ、Tシャツなど、特に修学旅行生に大人気!お土産に、自分用に、ぜひレモン牛乳グッズをゲットしましょう!

日光修学旅行のお土産選びはこれで完璧!

いかがでしたでしょうか?

日光には、定番のお菓子から個性的なグッズまで、修学旅行のお土産にぴったりなアイテムが勢揃いです。

今回ご紹介したおすすめ20選を参考に、友達や家族に喜んでもらえるお土産を選んでくださいね。

日光修学旅行の思い出を形に残す、素敵な一品が見つかりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました