明日のtokyo作文コンクール2022の概要はいつ発表?|過去の入賞作品や応募のポイントなどをチェック!

明日のtokyo作文コンクールとは

明日のtokyo作文コンクールは、都内在住、在学の中学生を対象とした作文コンクールです。

応募期間は毎年7月中旬から9月中旬まで。

入賞すると賞状や記念品などが貰えるほか、入賞できなくても参加賞が手に入ります。

入賞できなくても参加賞が貰えるからやる気がでるぞー!

今回は、明日のtokyo作文コンクールの詳しい情報をご紹介します。

スポンサーリンク

明日のtokyo作文コンクールの主催者

明日のtokyo作文コンクールの主催者は、一般財団法人東京都人材支援事業団です。

都民を対象とした諸行事(作文コンクール・イベント等)の実施や都政のPR等の事業を行っている団体です。

 

後援は、東京都教育委員会、一般財団法人東京私立中学高等学校協会です。

明日のtokyo作文コンクールのテーマ

明日のtokyo作文コンクールのテーマは毎年異なります。

与えられたテーマに沿って、明日の東京の未来を創るためになにができるのかを書いて応募します。

明日のtokyo作文コンクールの過去テーマ

第30回(2021年度)のテーマは「わたしたちの心のつながり 誰かと支え合うために」でした。

過去のテーマも見て行きましょう。

  • 第29回「輝く未来のために 私にできること」
  • 第28回「わたしたちの文化と世界の文化 異なる文化を理解し合い、認め合う社会を目指して」
  • 第27回「スポーツの力(ちから) 私のチャレンジ、「スポーツで創るTOKYOの未来」」
  • 第26回「私にできるボランティア ~はじめの一歩を踏み出すために~」

共生や自分自身の成長など、明日のtokyoを担う為にどんなことが必要なのかを考えさせられるテーマが並んでいますね。

明日のtokyo作文コンクール2022

明日のtokyo作文コンクール2022年の情報はまだ出ていません。

分かり次第こちらで報告致します。

明日のtokyo作文コンクールの応募概要

明日のtokyo作文コンクールの応募資格

東京都内在住又は在学の中学生

毎年都内中学校に「第30回“明日のTOKYO”作文コンクール作品募集のお知らせ」が配布されるので、概要はそこからも確認できます。

明日のtokyo作文コンクールの応募期間

例年7月中旬から9月中旬まで(締切日必着)

明日のtokyo作文コンクールの応募方法

  1. 使用できるのは400字詰原稿用紙(B4判横)。
  2. 文章は手書きで縦書き。(原則手描きですが、事情がある場合などは主催者に要相談。)
  3. 日本語で1,001字以上1,600字以内(2枚半から4枚まで(「題」を含む))にまとめる。
  4. 作品の「題」は、テーマに沿って自由に付けて良い。
  5. 1行目に「題」、2行目から本文を書き出す。
  6. 都内の学校に在学の方は、所定の「応募者様式」を添付し、必ず学校を通じて応募(学校で「応募者総括表」も添付)すること。様式は学校に送るほか、事業団ホームページ(外部サイトへリンク)からもダウンロード可能。
  7. 都外の学校に在学者は、原稿用紙とは別の紙に、1)郵便番号・住所・電話番号、2)氏名(ふりがな)、3)学校名・学年を書き、作品に添付し、郵送すること。【郵送先】〒163-8001新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎北塔36階一般財団法人東京都人材支援事業団業務部管理課 「作文コンクール」担当
  8. 詳しい内容を記載した「第30回“明日のTOKYO”作文コンクール作品募集のお知らせ」を都内各中学校に配布するのでそれを確認して参照。

応募に関しての注意事項

  1. 原稿用紙には、氏名・学校名等の本人を特定できる事項を絶対に書かないこと。
  2. 応募作品は未発表かつオリジナルのもの限定。
  3. 応募作品は返却されません。
  4. 作品中に登場する人物については、その方から公開に関する了解を必ず得ること。
  5. 不特定多数に公開することに問題がないかを確認すること。
  6. 各賞受賞者の氏名・学校名・学年は、事業団公式ホームページ上に掲載されます。また、入選以上の受賞者名簿は事業団機関誌へ掲載されます。
  7.  受賞者名簿及び入選以上の作品をまとめた作品集が都内中学校、関係機関に配布されます。また、事業団公式ホームページ上にも掲載されます。

明日のtokyo作文コンクールの結果発表日はいつ?

明日のtokyo作文コンクールの結果発表日

明日のtokyo作文コンクールの結果発表は、毎年11月下旬ごろに行われます。

入賞者には学校を通して連絡があります。

表彰式に関しては、その年によって開催されるか否かが異なりますので、確認してください。

明日のtokyo作文コンクールの賞品・賞金

  • 最優秀賞 1 名 賞状及び記念品(図書カード(30,000 円)と文具)
  • 優 秀 賞5 名 賞状及び記念品(図書カード(20,000 円)と文具)
  • 入 選15 名 賞状及び記念品(図書カード(10,000 円)と文具)
  • 佳 作30 名 賞状及び記念品(図書カード( 5,000 円))

明日のtokyo作文コンクールの過去の受賞作品

明日のtokyo作文コンクールの過去の受賞作品は、公式ホームページから見ることができます。

過去の受賞作品一覧

明日のtokyo作文コンクールで賞を取るにはどうしたら良い?

1.テーマをしっかりと捉える

明日のtokyo作文コンクールでは、その年のテーマに合っているかがとても重要です。作文を書き始める前に、テーマに沿った内容の構成になるかどうか、下書きをしてみましょう。テーマから脱線してしまった作文は審査対象外になってしまうこともあるので、注意してくださいね。

2.新聞や本を参考にしてみる

例年テーマとなるものは、昨今注目されている世界情勢や国内の問題と関係していることがあります。まずは新聞などを読んで、そのテーマに合うような内容がどこかに書かれていないかをチェックしてみましょう。そして、その記事に関してコンクールのテーマとどう関係してくるのか、自分はどう感じたのか、現在その問題を解決するためにどういう人がどんな活動をしているかなどを調べてみましょう。

普段新聞を読まない人は、図書館に出かけてみて、そのテーマに関連するような本を借りてきて読んでみるのもおすすめです。

3.自分の体験を入れる

テーマには必ず自分が体験したことを入れましょう。

例えば第27回の「スポーツの力(ちから) 私のチャレンジ、「スポーツで創るTOKYOの未来」で入賞した作文には、以下のような内容が書かれていました。

  • 自分は今までどんなスポーツを経験したのか
  • スポーツを通してどんなことを学んだのか
  • 自分が学んだ障害とスポーツの関係
  • 自分が住む地域の人とスポーツとの関係
  • 身近にいる様々な年代の人々とスポーツとの関係
  • スポーツをすると体と心にどんな良いことがあるのか
  • 自分がスポーツを通して感じたこと、周りの人達の様子や気持ち、自分に足りないものはなんなのか。
  • 未来の世界とスポ―ツとの関係
  • どのスポーツを通して感じたことを活かし、自分はどういう人間になりたいのか。また、どうしたら理想の未来を創ることができるのか。

どの作品の中にも必ず自分が体験したことが書かれており、そこから未来をどう変えていきたいかということに繋がっていました。自分が経験したことならば、その時の雰囲気や気持ちなども思い出して書くことができるので、一気にオリジナリティが出ますね。

明日のtokyo作文コンクールに応募してみよう!

明日のtokyo作文コンクールは、自分が感じたことをテーマに沿って書くことができるコンクールです。読書感想文やインフラ関係の作文コンクールと違って、自分が興味があることを好きなように書けるので、作文が苦手な人でも気軽に応募することができますよ。

是非、みなさんも応募してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました