【冬の季節湯】お風呂で浸かる「大根湯(大根干葉湯)」の作り方・やり方・効能とは?風邪予防や美肌効果も!

冬ふゆの季節湯きせつゆ「大根湯だいこんゆ」ってどうやるの?

みなさんは「大根湯だいこんゆ」をっていますか?

風邪かぜの時にほう大根湯だいこんゆは知っている!という人も多いのではないでしょうか。

今回こんかい紹介しょうかいするのは、ほうではなく、お風呂ふろかってたのしむ「大根湯だいこんゆ」。

その名前なまえとおり、大根だいこんを使った入浴法にゅうよくほうで、日本では、むかしから冬の季節湯きせつゆとしてしたしまれてきました。

あの大根だいこん!?

ふゆしゅん野菜やさいである大根だいこんは、お風呂ふろに入れると、いろいろな効果効能こうかこうのうがあると言われているんですよ。

そうなんだ!

そこで今回は、そんな大根湯だいこんゆの作り方・やり方・効果効能こうかこうのうなどをご紹介しょうかいします♪

おうち時間にぜひ、挑戦ちょうせんしてみてくださいね。

スポンサーリンク

冬ふゆの季節湯きせつゆ「大根湯だいこんゆ」の作つくり方かた

では、さっそくつくかたていきましょう。

【定番ていばん】干葉ひばを使つかった大根湯だいこんゆの作つくり方かた

用意よういするもの》

っぱがついている大根だいこん

↑くらいサイズの大根だいこんで、やく30gの干葉ひばができます。

だいこんの葉には、カロテン、ビタミンC、カルシウム等が豊富に含まれています。
だいこんの鮮度は葉で見分けることができます。葉先がみずみずしいものを選びましょう。

引用:北陸農政局

野菜干やさいほしネット

100円ショップ(ダイソー)で200円でっています。

洗濯せんたくネットでもできますが、っぱがネットにくっつきやすいので注意ちゅうい

●おちゃパック

100円ショップでっています。できるだけ大きいほうが、っぱを入れやすいです。

大根湯だいこんゆつくかた手順てじゅん

っぱがいている状態じょうたい大根だいこん用意よういします。

まずはスーパーや野菜やさい直売所ちょくばいじょなどで、っぱが付いている大根だいこんをゲットします。

大根だいこん家庭菜園かていさいえんつくっている人も多いので、ご近所きんじょ大根だいこんつくっている人がいたら、いらないっぱを分けてもらうのもいですね。

っぱの部分ぶぶんって、よごれをとします。

っぱと料理りょうり使つかしろ部分ぶぶんってけ、土などのよごれをとします。

っぱとっぱのあいだよごれがありますよ。

③10cmくらいの大きさにります。

乾燥かんそうさせてから切ってもでも良いのですが、最初さいしょから小さめに切っておけば早く乾燥かんそうすすむのでおすすめ。

乾燥かんそうするとしぼむから、小さすぎるとネットからとりすのが面倒めんどうだよ~!

日陰ひかげ乾燥かんそうさせ、干葉ひばにします。

ったっぱを日陰ひかげして“干葉ひば”を作ります。天気てんきなどによってもわってきますが、2日~10日ほど乾燥かんそうさせて、茶色ちゃいろくカサカサになればOK!

⑤おちゃパックなどに入れてお風呂ふろに入れます。

中くらいサイズの大根だいこんで、30グラムの干葉ひばができあがります。

干葉ひばをおちゃパックなどに入れて、お風呂ふろに入れましょう。

10gずつおちゃパックに入れておけば、全身浴ぜんしんよくだけでなく足湯あしゆなどでも使つかえますよ。

全身浴ぜんしんよくは50~80gの干葉ひばをおに入れるのがおすすめ。足湯あしゆは20gほどでいでしょう。

ヨモギもちのような、いいかおりがしますよ。

干葉ひばしてお風呂ふろそそいでもOK!

大根湯だいこんゆ効果こうかをもっと実感じっかんしたいのであれば、煮出にだした干葉ひばをお風呂ふろそそぐのもおすすめです。

やけどをしないように、お父さん・お母さんにたのみましょう。

めんどくさい!もっと大根湯だいこんゆを簡単かんたんに作つくりたい!

上では基本的きほんてき大根湯だいこんゆつくかたをご紹介しょうかいしましたが、時間じかん手間てまもかかります。

ふゆ毎日天気まいにちてんきながらすのは面倒めんどう!もっと簡単かんたんにやりたい!

そういう時には、なまっぱを使った大根湯だいこんゆ挑戦ちょうせんしてみましょう♪

なまっぱを使った大根湯だいこんゆつくかた

っぱがいている大根だいこん用意よういし、っぱと料理りょうり使つかしろ部分ぶぶんけます。

っぱをあらいます。

きざみます。

④すりばちですって、出てきたしるをお風呂ふろに入れます。

なまっぱは、刺激しげきつよいので、はだがよわい人は、少しのりょうからためしてみてくださいね。

「大根湯だいこんゆ」の効果こうか・効能こうのうとは?

大根湯だいこんゆ」は、むかしから日本の農村部のうそんぶ健康けんこういとつたわってきた民間療法みんかんりょうほうです。

むかしの人は大根湯だいこんゆに入ることでしょう改善かいぜんやさまざまな効果効能こうかこうのうられるとしんじてきました。

今は科学的かがくてきになぜ「大根湯だいこんゆ」がいのかが解明かいめいされていますよ。

大根湯だいこんゆは保温効果ほおんこうかが高たかい!

大根だいこん干葉ひばには、温泉おんせんとおなじ成分せいぶんである「塩化物えんかぶつ」や「硫化りゅうかイオン」などが多くふくまれており、私たちの皮膚ひふにある、たんぱくしつむすびつくことでまくができます。このまく水分すいぶん蒸発じょうはつふせぐので、保温効果ほおんこうかたかまります。

大根湯だいこんゆは新陳代謝しんちんたいしゃが高たかまる!

新陳代謝しんちんたいしゃふる細胞さいぼうからあたらしい細胞さいぼうへとわること)をたかめる効果こうかがあります。

ビタミンA、B1、C、E、β-カロテン、ミネラルなどがふくまれているので、美肌効果びはだこうか期待きたいできますよ。

冬ふゆの季節湯きせつゆ「大根湯だいこんゆ」でポカポカ♡

大根湯だいこんゆは、地域ちいき家庭かていによってやりかたつくかた、入れるりょうなどにちがいがあると言われています。

みなさんも挑戦ちょうせんしてみて、ぜひ自分じぶんった「大根湯だいこんゆ」のやり方をつけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました