牛乳パックのリサイクル面倒くさい!知らなきゃ損のハサミ不要の簡単な切り開き方をご紹介♪

毎日出る牛乳パックのゴミが面倒くさい!

みなさんのご家庭では、牛乳ってよく飲みますか?

家族かぞくが多いので、2日に1本ペースでからになるのですが、面倒めんどうくさいのが牛乳ぎゅうにゅうパックのリサイクル!!

あらって、って、かわかして・・・これをやるだけでとっても大変たいへんでした。

でも、この方法ほうほうためしてみてから、劇的げきてきらくになったので、ぜひためしてみてくださいね。

こどもでもかんたんにできるよ!

おてつだいにぴったり!

用意するもの・・・・牛乳パックだけ!

まずは牛乳パックを準備じゅんびします。

そそぎ口の部分ぶぶんひらきます。

これを↓

こう↓

ひらいたら中を見てみてください。

牛乳パックを作るさいかさね合わせた部分ぶぶんがどこかにあります。

牛乳パックの中に水を入れてあらいながらこの部分ぶぶんを手でやぶると、簡単かんたんにピリーっとはがれてきます。

ばん下までいったら、あとは力技ちからわざでピリピリとよこやぶっていきます。

力技ちからわざといっても、こどもの力でもできますよ。

すると、こんなにカンタンにひらくことができました!

この状態じょうたいなら、とても早くかわきますよ!

あらってからっていたときくらべると、とっても簡単かんたん

ぜひ、家族かぞくみんなでこの方法ほうほうをマスターしてみてくださいね!

スポンサーリンク

リサイクルされた牛乳パックはどうなっているの?

全国牛乳容器環境協議会ぜんこくぎゅうにゅうようきかんきょうきょうぎかい」によると、リサイクルボックスなどに入れられた牛乳パックは回収かいしゅうされたあと、再生紙さいせいしメーカーにおくられ、リサイクル製品せいひんに生まれわります。

主なリサイクル製品

●トイレットペーパー

●ティッシュペーパー

●紙ナプキン

●おしぼり

印刷用紙いんさつようし

●パッケージ

調しらべてみると、リサイクル製品せいひんっておおいんですよ。

「牛乳パック再利用マーク」がめじるし!

牛乳パックからつくられた製品せいひんには、「牛乳パック再利用さいりようマーク」が付いています。これは市民が回収かいしゅうした牛乳パックを原料げんりょうにして作られた製品せいひんにだけ付いているもので、全国統一ぜんこくとういつです。

あんまりなじみがないなぁ。

製品せいひんのうら面にいてあることがおおいんだって~!

牛乳パックのリサイクルについてりたい場合ばあいは、こちらのホームページから見てみてくださいね。

全国牛乳容器環境協議会ぜんこくぎゅうにゅうようきかんきょうきょうぎかい

牛乳パックリサイクルは環境にも家計にも優しい♡

牛乳パックを普通ふつうててしまうと、ただのゴミになってしまいますよね。

でも、リサイクルすればまたやくにたつものになってかえってきます。

ほとんどの自治体じちたいえるごみをてるのにお金がかかるので(可燃かねんごみのふくろ有料ゆうりょうですよね)、牛乳パックをリサイクルボックスに入れると、その分ゴミがるので家計かけいにもやさしいですよ。

牛乳パックのリサイクル、ストレスフリーでつづけたいですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました